Top >  気分障害の治療・予防法 >  急性期治療中に気をつける大事なポイント

スポンサードリンク

急性期治療中に気をつける大事なポイント

気分障害(うつ病)のときは 生きるためのエネルギーを補充することが必要です!
治療を行う上で 大事なポイントをおさえてください。


@治療すべき不調であって なまけや気のゆるみではありません。

Aできれば できるだけ早く心の休息をとりましょう。

B必ず治る病気です。
 治療期間は短くても3ヶ月、平均6ヶ月はかかります。

C治りかけが危険です。治療の間、自己破壊的な行為(例えば自殺企図など)
をしないことを約束してください。

D症状の揺り戻しは必ずきますが、あまり心配しないでください。

E治療終了まで、人生に関わる大事な決断はしないでください。

F自己判断で薬をやめないでください。

Google

気分障害の治療・予防法

気分障害の治療法について、最も多いうつに関するものを中心にまとめました。

関連エントリー

気分障害(うつ病)の予防 気分障害(うつ病)の治療について 急性期治療中に気をつける大事なポイント 気分障害(うつ病)の治療経過 気分障害(うつ病)の薬物療法 薬物療法での注意点 気分障害(うつ病)のカウンセリング 気分障害(うつ病)のその他の療法


この病気

気分障害というこの病気は 色んなところにあって 誰でもかかる病気です。
多い統計だと、6割の人が プチうつも含めて何かしらのうつの体験を経験することがあると言われています。

でも、それだけに色んな治療法や、お薬なんかも開発されてきています。

お問い合わせ
人気ブログランキング【ブログの殿堂】 人気blogランキングへ
  • seo
お問い合わせ